Page Top

カテゴリー:コールセンターだより

1日で覚えたい・1時間でマスターしたいなど、お急ぎのご用件について(2)

キュリオステーションブログをご覧くださいまして、ありがとうございます。この記事では『1日で覚えたい・1時間でマスターしたいなど、お急ぎのご用件について』をご紹介いたします。

ご遠慮なくご要望をお知らせください

キュリオステーションは地域密着型パソコン教室として、様々なご要望をお持ちのお客さまへ別け隔てなく、サービスのご提供やご協力をさせていただきたいと願っております。

これは無理かもとお問い合わせをいただいたお客さまのご希望が、デジタルプラザ・パソコン教室のサービス内容と合致して解決へ導くことができる場合も多くございます。お問い合わせやご対応の参考に、事例をご紹介させていただきます。

お急ぎのご用件事例とご対応について

1. 就職が決まったので、3週間後の入社日までに基礎〜実務レベルを身に着けたい

面接でパソコン経験の有無について質問を受け、普通に使えるとお答えされたそうですが、実際には学生時代にレポート作成程度のご経験とのこと。その後はインターネットやメール程度しかパソコンを使っていなかったので、必須スキルのエクセルやワードを習得したいとご希望とのことでした。

パソコン操作の経験があり、文章入力やインターネットの利用については操作に時間はかかっても問題ないレベルであったことから、1日2時間の受講を15日間継続して合計30時間のレッスンで、ワード・エクセルの基礎習得と実務スキルUp(課題を解く)を目指すことになりました。

ワードやエクセルの基礎を学ぶのにどれくらいの期間が必要か

パソコンの基本操作、文章入力ができる方であれば、ワードの基礎を身につけるのに15時間から20時間くらい。エクセルの基礎も同様の所要時間というところです。

ワードは文章作成ソフト・ワープロソフトと言われており、特に紙に印刷することを前提にした文章作成も得意とするソフトです。

文章を入力して修飾する。体裁を整える。用紙や印刷するための設定をする。文章と共に写真や画像・アートの挿入。表作成や罫線の挿入。ページ番号やヘッダーの挿入など、一口に基礎と言っても覚えることは盛りだくさん。基礎的な内容であっても、自己流で覚えた方は知らないという機能はたくさんあると思います。

ワードにもエクセルにも共通して言えることですが、1から自己流で習得していくことは簡単なことではありません。悩みながら手探りで進めていく1時間と、適切なカリキュラムとインストラクターの指導のもとに進めていく1時間には差があるものです。上記の所要時間例は、もちろん後者の1時間の積み重ねとなります。

2. 今日使う予定のデータが入っていた、USBフラッシュメモリのデータが開けなくなった

午後イチの会議で使う予定のパワーポイントで作成した会議資料データ。いざ印刷して準備しようと思ったらデータが開けなくなっている。どうすれば?と、お問い合わせをいただきました。

普通に使っていた。普通に保存した。今までこんなことは無かった。作ったパソコンで開いたのにおかしい。何もこんな大事なときに。と、お急ぎでお困りのご様子でいらっしゃいましたので、ご対応状況を確認し、すぐならご来店いただけるとのことで、お近くのキュリオステーションへご案内をさせていただきました。

データが開けなくなった場合の対応とデータの復旧

USBフラッシュメモリに保存していたデータが開けなくなった事例は多くあります。残念なことに、簡単に復旧できるケースはごく稀です。

キュリオステーションへお持ち込みいただいた結果、USBとフラッシュメモリの故障であることが診断されました。データ復旧の見込みはあるということでしたが、即日では間に合わないことは確実。時間に余裕をもって復旧をご依頼いただくこととなりました。

大切なデータや使う頻度が高いデータなど、バックアップを取っておくことが大切です。現在は便利で安価になってきたクラウドの活用も視野に入れるべきと言えるでしょう。

まずはお電話にてお問い合わせください

お急ぎであればあるほど、正確な状況の確認が必要です。お電話で概要を把握させていただきましたら、お近くのキュリオステーションでのご対応案を確認してご提示させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

キュリオステーションキャラクターキュリオステーション事務局