Page Top

カテゴリー:Q&A

Office 2019とOffice 365

Office 2019とOffice 365の違いを教えて!

Office 2019のイメージ

1回購入の買い切り型か月額定額契約型の違いがあります

Office 2019は買い切り型(永続ライセンス型)のパッケージで永続使用可能なOfficeの最新版です。
ひとつ前はOffice 2016。その前はOffice 2013、さらに前はOffice 2010となり、3年ごとにアップデートされ、販売されていることがわかります。

Office 365 はサブスクリプションサービスです。
サブスクリプションサービスとは、利用期間に対して対価を支払う方式のことで、いわゆる定額制と言い換えることができます。月額いくらでOfficeを利用できるようにしているのが、Office 365ということです。
Microsoftから最新ツールを常に提供してもらうことができますので、常に最新のOfficeを利用することができます。

どちらを選択すべきかは悩ましい。お勧めは?

Office 2019はパッケージを購入(参考価格37,584円)すれば、最大2台のパソコンにインストールして利用することができます。

Office 365 solo(個人向け)では、年間契約費用12,744円でインストール可能なパソコン(デバイス)は無制限。同時に5台まで利用することが可能です。

Office 2019を選択することでメリットがある人は…

  • Office 2019を導入して、4年以上はそのまま使い続ける予定の人
  • 新機能が増えていくことに抵抗がある人

Office 365を選択することでメリットがある人は…

  • 常に新機能・最新ツールを利用できるようにしたい人
  • 同時に5台まで利用することができるメリットを得たい人

Office 2019のレッスンもキュリオステーションにお任せください!!

まだお問い合わせの段階でもOffice 2019のレッスンをご希望のお客様は多くいらっしゃいませんが、徐々に増えていくものと思われます。新しく購入するパソコンにOffice 2019がインストールされていたからなど、ご希望がございましたらまずはお気軽にお問い合わせください。お待ちしております!

キュリオステーションキャラクターキュリオステーション事務局